読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノオガカワイイ♥ハラガタツ

〜割りと好きなんだけど、割りと嫌い〜

【DEAR.2016→2017 12/31 東京ドーム①】

Hey!Say!JUMP初の年末年始単独コンサートが東京ドームで開催されると告知されたのが10/10横アリ1部公演の公開会見。薮くんの口から発表を聞いたとき嬉しくて叫んだっけ。

去年の単独カウコンも嬉しかったけどJUMPはあまり関西に縁がないので「なぜに京セラ?」と若干アウェイな気分でした。それが今年は東京!個人的には単独カウコンよりジャニーズカウコンに出て欲しかったし、楽しかった2016年の締めくくりと2016年以上に楽しくなるであろう2017年の元旦にJUMPに会える喜びが大きくて、とてもこの日を楽しみにしていました。ありがたいことに無事3公演入れましたので各公演のレポをあげておきたいと思います。

【12/31セトリ】
Masquerade
Run de Boo!
キミアトラクション
Viva! 9'SOUL
Come On A My House
スギルセツナ(BEST)
ガンバレッツゴー(7)
~Jr.コーナー~
Beat Line
ウィークエンダー
Fantastic Time
We are 男の子!
今夜貴方を口説きます
From.
愛のシュビドゥバ
Magic Power
真剣SUNSHINE
~MC~
My girl
僕とけいと
Chiku Taku(バンド)
Your Seed(バンド)
GIFT
Mr.Flawless
SUPERMAN
Give Me Love
Ride With Me2016
School Girl
Aino Arika
キラキラ光れ
明日へのYELL
Dear.
~アンコール~
Dreams Come True
Chau#
愛すればもっとハッピーライフ
Wアンコなし

ステージ構成は、メイン、センステ、バクステ、センステと一体となって左右に伸びた花道。このセンステ&花道は上下可動式。センステからバクステへはムビステ使って移動。メインからバクステまでグルッとダイヤモンド型に外周ステあり。
初日は1塁側下段スタンドでしたが、グルッとドーム内を見渡すと先日入った嵐並みにお客さんがたくさん入っていて正直驚きました。これまでJUMPの東京DでのコンサートはDVDでしか見たことなかったけどお世辞にもドーム満員御礼!といった印象はなくて、苦肉の策スカイステージとか謎のアリーナ構成(アリーナの無駄遣い)を見ては「JUMPって本当に動員に苦労しているんだなぁ」と目頭を押さえていたほど。Live With Meの東京Dだってアリーナなんて余裕ありの配置でしたもんねぇ。
ところが今回は違います!私の知っている本来のアリーナの姿=ぎっしりでした。2階はいわゆる天井席までビッシリ!
ぎっしりビッシリ、こんなにたくさんの人を集められるグループに成長したJUMPを見て、これまでとは違う意味で目頭押さえたくなりました(笑)

オープニング映像はアリーナツアーと同じもの。映像にメンバーが映るたびにキャ~ッ♡と大きな歓声が上がりますが、その大きさはアリーナの比ではないのが流石ドーム!人数約4倍の歓声聞くだけでテンション上がります!

JUMPの登場はメインの天井から。アリーナツアーでは『SUPERMAN』の登場時に使った大きなシャンデリアに乗りマスクを付けた9人が登場するとものすごい歓声でドームが爆発しそう!左からゆとけと、ありちね、山ちゃん、いのひか、やぶたか。おなじみの赤と金の衣装に冬Ver.なのか首回りや左肩にファーがついていました。みんな仕上げてきていて超絶イケメン。年末にイケメン9人も!これぞ眼福眼福♡
山田くんブルーのカラコン、薮さま銀髪、伊野尾くんはグッズのボディシールを左目の下と右手の甲、たぶん小指にもリングのように貼っていたように見えました。

大好きな『Masquerade』はアリーナツアーでは端折られていたダンスもきっちりあって、歌唱も初の2番までのフルでした!堕ちてごらんでは伊野尾くんのウィンク付き。薮くんの色っぽい最高の♪Shall we dance?My Honey♪を生で聴けて良き年末。その薮さま、Party!でドセンに君臨するのですが、そのあと先頭切ってセンステに向かう姿がどこをどう切り取ってもその帝王っぷりがカッコ良すぎて、私軽率に死にかけました(笑)

薮くんは生まれ持った帝王としての素質が凄いうえにJr.の時からジャニーさんに帝王学を学んでいるので、もうそんじょそこらの帝王モドキとは格が違うんですよ。こればかりはコンサートに来て生で薮宏太を見ていただかないとわかってもらえないのが残念でなりません。もっともJUMPファンには自担しか見てない人が多いので薮くんだけでなく自担以外のメンバーの素晴らしさに一生気づくことのない人もいるだろうけど、あの場にいて自担しか見ないなんて本当に勿体ない!こんなに個性的で素敵なグループだというのに!自担にしか興味がない人はDVDだけ見てればいいのにといつもかなり本気で思ってしまいます。

『キミアト』はノーマルVer.。光くんだけ「ヒカが№1」最後に山ちゃん「オマエが№1」で〆。大ちゃんの「みんな違ってみんないい」は今回なし。
『ビバナイ』は2016Ver.の普通のものに戻ってた。大ちゃんはDJ大貴の連呼大合唱に「情報量少ねぇ!」とややご不満気味でした(笑)
続いてまさかここで?の『カモナ』途中からBESTが捌けてしまったため7の持ち歌みたいになっていた。

次はBESTなんだなぁとドキドキしながら待っていたら…よもやの『スギルセツナ』で心の涙腺崩壊!まさかこのタイミングで聴くことが出来るなんて感激。LWMコンの青い衣装を少しアレンジしていたかな。伊野尾くんは下に白のパーカー着てフード被ってて凄くいい雰囲気出してた。ダンスはLWMで椅子を使っていた箇所をメンステの階段使って披露してくれたけど大人っぽくて素敵でした。ドームだからモテたい芸やるのではと少し心配してたけどやらなくて正解。大人っぽいBESTを多くのファンが感じたと思います。薮くんの高音ハモは相変わらず美しく、最後はBESTが水のカーテンに隠れて消えていくという余韻の残る終わり方でした。

ああ、『スギルセツナ」のためだけにお金払っても悔いなし!と余韻に浸っていたらウサギのパーカー着た7が登場して『ガンバレッツゴー』を歌い出しました。あまりに可愛い4匹のウサギに心奪われスギルセツナの余韻はいずこへ。このウサギ、矢印魂『脳内ダンス』の衣装じゃなかったっけ?まぁとにかく、成人男性とは思えぬ可愛いの塊で多幸感に浸る東京ドーム。最後にちねたん「2017年もガンバレッツゴー!」はい、わかりました。来年も頑張って働いてJUMPのために貢ぎます。

ここでJr.の子達が50人くらい?マーチングバンドのようにドラミングしながら登場。ドラミングに条件反射しつつ、まさか、もしや、よもやと思っていたら案の定『ビトラ』だったというね、結構ベタな流れからアリーナツアーではセトリ落ちしていた『Beat Line』があっさり復活(笑)ビトラに関しては賛否両論あるだろうけど、ドームという特別な場で、新規ファンが増えたこのタイミングで、JUMPの名刺代わりの楽曲を披露することに意義があると私は思います。

JUMPの代表から多くの人が知っているヒット曲『ウィークエンダー』、そして『Fantastic Time』とたたみかけてくる。『We are 男の子!』の最後、いつもは大ちゃんがドジョウすくいのような動きしてたけど今回はかなりノリノリな感じで裕翔だった(笑)
『今夜、貴方を口説きます』伊野尾くん満面の笑みでマイクスタンド抱きしめながら「右から抱きしめる!」無茶苦茶可愛い。さらに「右から砕く!」のところを「右から砕かれる!」間違えても可愛い。勝手に砕かれちゃって光くん爆笑。
『From.』はメンバーとメンバーカラーの衣装、風船を持った小さなJr.くんがメンステの階段のところでお座りしながら歌うというほのぼのさ。薮くんは男の子から風船を取り上げて「ほら、取れる?取り返せる?」みたいなことやってた。たまにお子様になってしまう帝王薮さまスギルカワイイ。

『愛のシュビドゥバ』ではペンラ使って一緒にダンス。光くんが教えてくれます。内外内外回す回す~と簡単な振りだけどJUMPと一緒にやると楽しさ100倍。でもこのペンラやっぱり重い。手首に負担がかかる(^0^;)
『マジパ』と『マジサン』の途中までは2台のトロッコでメンバーお手振りタイム。メンステに戻るといつものようにセルカでパチリ。みんな良い表情!年末のドーム、手応え感じているっぽく見えました。

ここでMC。

長くなるので②へ続きます。