読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノオガカワイイ♥ハラガタツ

〜割りと好きなんだけど、割りと嫌い〜

世界に一つだけの…

私はジャニオタだけど熱心なSMAPファンではない。

むしろ世の言うところの派閥でいったら一貫してジュリー班の人間だ。

でもそんなことはどうでもいい。派閥なんてマスコミが後から都合よく付けたことだから。

SMAPは派閥だ、ジャニーズだなんてちっぽけなもの飛び越えたまぎれもない偉大な日本のアイドルだ。

そのアイドルが私たちの目の前から消えてしまった。いともあっけなく。

私には今でもわからないし理解できない。なぜSMAPはこんな形で幕を下ろさねばならなかったのか。

SMAP×SMAPの最後の放送を見るのが本当に辛かった。最後に『世界で一つだけの花』を歌う5人。4人に背を向けた中居くんの背中からSMAPへの愛情、無念、悔しさを感じて胸が締め付けられた。握りしめた拳を開いた掌が真っ赤になっていた。どんな想いを握る拳に込めたのだろう。もうそれを知る機会すら私たちには無い。

SMAPが目の前から消えてしまった。

これほどの実績と人気を誇るグループが訳のわからない理由で存在を無きものにされてしまう恐ろしさ。正義なんて、永遠なんてどこにも無いのだ。

SMAPが消えてしまった。

それぞれの心の中に世界でたった一つだけの花を咲かせて彼らは去っていった。

もう二度とこんなアイドルは現れない。

世界で一つだけの素晴らしきアイドル、SMAP